カンタンFX講座

FXで儲かる利益の一つ・スワップポイントとは

スポンサーリンク
FXではポジションを持ち続けると1日ごとにスワップポイントと呼ばれる金利が発生します。スワップポイントは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う取引を行った場合は、『金利差分を受け取れる』という仕組みです。また、反対に金利の低い通貨を買った、あるいは金利の高い通貨を売った場合は『金利差分を支払う』ことになります。
例えば、豪ドル(オーストラリア)の金利が4.25%、日本の金利が0.1%だとすると
4.25% − 0.1% = 4.15% が金利差になります。
為替レートが1豪ドル=90円だとすれば、1年間に得られるスワップ金利を単純計算すると
4.15(%) × 90円 × 1万通貨 = 37,350円となり、豪ドル/円の1日当たりのスワップ金利は、37,350円 ÷ 365日 = 102円 となります。

スワップポイントの整理

●低金利の国の通貨で高金利国の通貨を買うとスワップポイントは受取り
●低金利の国の通貨で高金利国の通貨を売るとスワップポイントは支払い
●高金利国の通貨で低金利国の通貨を買うとスワップポイントは支払い
●高金利国の通貨で低金利国の通貨を売るとスワップポイントは受取り
今の日本の金利は世界のどこよりも最低水準なので、外貨を買ってエントリーすれば大抵の通貨でスワップポイントが受け取ることができます。しかし、取引業者の手数料を考えると僅かな利益だとそんなにメリットがないので、スワップポイントを狙うのではあれば、高金利通貨と日本円のペアを選ぶのがよいでしょう。しかし、スワップポイントで発生する損益よりも為替の変動による損益の方が大きいので、為替の変動には注意しておくべきです。

その他オススメ記事

今一番の情報、このサイトをチェック





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.