カンタンFX講座

サイバーエージェントFX(ワイジェイFX)のキャッシュバック金裁判

スポンサーリンク

大儲けの顧客の取引にケチをつけキャッシュバックを拒否!!

FX業者によっては、いろんなキャンペーンを行ないキャッシュバックでお得感を宣伝する手法も目につきます。この事件も同様のトラブル。原告側は自動売買ツールを使用して、数十秒以内で取引を行なうで多くの利益を得ていたとし、190万円のキャッシュバックを拒否された事件で概要は以下の通り。

原告側の訴え

2013年5月1日〜31日のキャッシュバックキャンペーンに参加 
1日、200〜300回の取引で、数秒から数十秒以内の超短期決済を行ない、かなりの金額を儲けていた

FX業者は自動売買ツールを使っていると判断し、トレード方法を違法として、顧客の口座を強制的に解約

裁判の結果

原告側の取引はすべて手動によるもので強制解約の条件にあたらないとし、キャッシュバック190万円と年5分の割合の金額を支払うよう命じた。
参照 >> サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴 2015FX情報商材をぶった斬る!!

この事件から学ぶこと

キャッシュバックを全面に打ち出している業者のなかには、利益を出している顧客に「手動であったら、それほど頻繁に取引ができない」と文句をつけ、約束の金銭を払わないケースもあるので業者選びも慎重にすること。また、超短期スキャルピングで大儲けをするには相当な経験と資質がないと一般的に不可能です。普通の人が同じことをやっても、損出額の方が多く出てしまうので、急いで取引を行なうことは望ましくありません。
参照 >> ワイジェイFX(旧サイバーエージェントFX あおい法律事務所

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.