カンタンFX講座

リベラインベスティメントの清算金の返還裁判

スポンサーリンク

取引終了で生じた精算金を返還しないために起きた訴訟!!

これはトレーダーがリベラインベスティメント社に取引の終了を求めたところ、1,760万円にも及ぶ精算金が残っていたにもかかわらず、FX業者から返還がなされなかった事件です。結果的に、この業者は債務超過で破産。事件の概要は以下の通り。

原告側の訴え

取引の終了を伝え、清算金の支払い全額と弁護士費用180万円を加えた、1,960万692円を返還するよう業者に求めた

FX業者は返還金が1,760万692円あることを認めたものの、返還の義務がないと主張
取引終了によって業者も手数料が入ってこなくなるため、損害賠償に応じなければ清算金を支払わないと原告の主張を拒否

裁判の結果

訴訟費用は被告の負担とし、取引はすべて手動によるもので強制解約の条件にあたらないとし、キャッシュバック190万円と5年の割合の金額の支払を命じた。
参照 >> リベラインベスティメント(東京地方裁判所平成17年2月1日判決)あおい法律事務所

この事件から学ぶこと

高配当をうたい、初心者でも簡単に儲かるようなキャッチコピーを出しているような業者は注意すべき。2005年以降、国もFX業者の規制強化をするようになったが、FXの取引はルールを知らないとだまされることも多い。企業の経営状態もしっかりチェックして、信頼のおけるFX業者を選ぶようにしたい。

その他オススメ記事

今一番の情報、このサイトをチェック





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.