カンタンFX講座

トラリピ訴訟の争点、iサイクル注文やリピートトレール注文、ループイフダン、トライオートFXの類似性

スポンサーリンク

リピート系の注文方法は類似点が多すぎる!?

マネースクウェア・ジャパンが2015年2月に外為オンラインの「アイサイクル注文」「iサイクル注文」を自社の「トラップリピートイフダン(トラリピ)」の著作権侵害にあたるとして提訴した件。争点はどこにあるのか考えてみました。そもそもトラリピとは、 「トラップ=わな」「リピート=繰り返す」「イフダン(IFD)=為替レートが○円になったら取引を行なう自動売買」といった意味の合成語。1回の注文で複数のIFDを仕掛けておき、トラップにかかり取引が完結すると、また同じ注文を自動的に繰り返すもの。要は新規注文と決済注文がセットになったイフダン注文を繰り返すのが特徴です。
トラリピってどんな注文? マネースクウェア・ジャパン
今回提訴の対象となった「アイサイクル注文」「iサイクル注文」も、イフダン注文と非常に似たシステムです。ただし、「iサイクル注文」は利益確定注文が設定されると同時に損切り決定も設定される点が微妙に違います。損切り注文がわからない人にしてみると便利なツールです。
トラリピを超えるか。比較検証【iサイクル注文・サイクル注文】外為オンラインの新投資法 為替見習いのFXブログ
他にも、サイバーエージェントFXの「リピートトレール注文(リピトレ)」やアイネット証券の「ルーフイフダン」なども、トラリピ同様にリピート系の注文システムを導入しています。唯一差別化を図っている点を見出すとしたら、「トラリピ」が売りか買いのどちらか一方の注文方法であるのに対し、「リピトレ」は売りと買いを交互に繰り返す点。「ルーフイフダン」の方はプログラムによって値幅が決まっており、指定された値幅の中で新規注文と決済注文を繰り返すシステムになっています。決定的な違いは何かというと非常に難しいものがあるかもしれません。

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.