カンタンFX講座

口座開設のデータは確実に!些細な入金トラブル

スポンサーリンク

口座開設にともなう入力情報は正確に!

FXの口座を開設する際、登録に利用するクレジットカードの名義と同じローマ字の綴りで入力することです。最近、入金したつもりが「入力ミス」によって反映されず、約定ができなかったり、遅延するなどのトラブルが増えています。間違ったスペルを入力してしまうと、入金の確認ができずトレードのタイミングを逃してしまうことになりかねません。特に注意したいのは海外のFX業者。書類審査や手続きが面倒な業者も多く、儲けが出ているのに出金しようとしたらできない、連絡を取ろうとしても返信がなかったり、つながらないなどのトラブル例も続出しています。
口座開設をするなら、初めに取引予定のFX業者が信頼できる業者かどうか入念にチェックすることがトラブル防止につながります。悪徳業者はネット検索でも情報収集が可能ですし、怪しいと思われる業者は近くの消費生活センターに問い合わせるくらいの姿勢が大切です。
さらに信託保全のある業者を選ぶようにしましょう。「信託保全」とはFX業者が破綻した場合、自分の預けた資産が保全されるシステムです。FX業者のなかに円資産だけが全額保全というところもあるので、「全通貨全額保全」と明示されているかどうか確認のうえ、口座開設をすることです。以下のサイトに「信託保全」について具体的な説明が出ているので参考にしてください。
初心者に勧めるFX業者の選び方 

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.