カンタンFX講座

大手FX業者のシステム障害による取引停止問題

スポンサーリンク

外為どっとコムのシステム障害に見るネットワークの脆弱性

「外為どっとコム」といえばFX業者のなかでも大手老舗のひとつですが、2015年7月13日にシステム障害を起こし、取引画面にログインできなくなるという事態に陥りました。このトラブルはテレビや新聞のニュースでも取り上げられたほどで、緊急メンテナンスを行なって、システムが普及したのは何と6時間半以上たってから。大手だけに預かり証拠金額が大きく、今回のトラブルで顧客の多くが被害を被ったと思われます。システム障害による損出額がどこまで補填されるのか気になるところです。
FX大手「外為どっとコム」でシステム障害 全取引停止 産経ニュース
FX業者の約款や取引説明書にも「システム障害の可能性」については触れられていますが、いざ障害が発生するとどうすることもできません。外為どっとコムの場合は、過去にもシステム障害を起こし、多数の顧客に影響を及ぼしたとして「業務停止命令」を受けたことがありました。昨今、FXの取引急増で大手業者のシステム障害も少なくありません。こうしたシステム上のトラブルに巻き込まれないようにするためには、できるだけサーバーの強い、システムの安定している業者を選ぶことも重要です。クチコミやデモトレードなどを通した情報も参考になります。
また、システム障害に関する対応も業者によって異なるので、口座開設をする前にどのような対応がなされるのか確認しておくようにしましょう。
FXのシステム障害とは? @FX

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.