カンタンFX講座

ローソク足で値動きを読む

スポンサーリンク

ローソク足のヒゲとボディで値動きの傾向がわかる!?

FXで為替レートの動きを知ることは基本中の基本! その為替レートの動きをわかりやすく表した罫線が「ローソク足」と呼ばれるもの。ローソクに似た形をしていることからついたネーミングです。ローソク足のボディの長さは相場の勢いを、ヒゲの跳弾は相場の迷いを表しています。1本のローソク足には深い意味があって、「始値」「終値」「高値」「安値」といった4本値を知ることができます。
また、ローソク足には「陽線」と「陰線」の2種類があります。
「陽線」・・・始値より終値が高いもの
「陰線」・・・始値より終値が低いもの

陽線と陰線のボディの色は業者によって異なりますが、通常、陽線は赤か白抜き、陰線は黒色か塗りつぶしで表記されます。
下記のサイトでわかりやすく説明されているので目を通しておきましょう。
ローソク足のかんたんな見方 マネースクウェア・ジャパン
さらに、チャートに表示されているローソク足は時間単位でも分けられており、「分足」「日足」「週足」「月足」といったものがあります。基本的に、FXでは「月足」⇒「週足」⇒「日足」⇒「分足」といったように、長い足から順番に見ていくことが大切です。

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.