カンタンFX講座

トレンドラインはどのように引けばいい?

スポンサーリンク

トレンドラインは売買のタイミングをつかむための情報源!

「トレンドライン」は、為替のトレンドをつかむために引く補助線のこと。上昇トレンドなら安値と安値を結びます。この線を「サポートライン」といいます。下降トレンドなら高値と高値を結びます。この線を「レジスタンスライン)」といいます。
以下のサイトにトレンドラインの引き方が紹介されているので確認しておきましょう。
トレンドラインを引く FX初心者の入門講座
トレンドラインを引いたら、売りシグナル、買いシグナルが出ているのか見ることができます。
「売りシグナル」・・・上昇トレンドの時、市場価格が下降支持線を明らかに割り込んでいる下抜きの場合⇒サポートライン・ブレイク
「買いシグナル」・・・下降トレンドの時、市場価格が上値抵抗線を明らかに割り込んでいる上抜きの場合⇒レジスタンスライン・ブレイク

参照 >> サポートとレジデンス ADVFN
ただ、トレンドラインで為替の動きを見極められたとしても、ブレイクの後に値が戻ることもあります。その場合、変動が起きないかどうか判断する力も必要。一般的に、ブレイク理由にあたる経済的な理由や国の情勢が明らかな場合や、長い間もみ合った末に起きたブレイクは信じて大丈夫そう。大した理由もなく、いきなりブレイクが起きた場合は「だまされた〜」ということもあるので慎重に!

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.