カンタンFX講座

売りか買いかわからない時に見るポイント

スポンサーリンク

売買のタイミングはチャートの中の節目を探す!

FXで判断が難しいのは、売りと買いのタイミングを見つけることにあります。慣れた人でも売買のタイミングを見逃したり、ミスることは多いもの。売買の時にポイントになるのが、市場価格を予測するうえで必要条件となる「節目」をチャート上で見つけること。節目は通貨の売買が行われることが多いのです。
節目になる要素は、過去の「安値」と「高値」で引いた線。サポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)に注目してみるとわかりやすい。節目に届かないと反転し、節目を抜けると加速する傾向があります。このサイトの前のページでも触れているのでおさらいしておきましょう。参照 >> 「節目」を探す FX取引チャートを見分ける実践テクニック
もひとつ節目の見つけ方として有効なのは、トレンドラインとその線と平行して上方にいくアウトラインを引くこと。トレンドラインとアウトラインの間の部分を「チャネル」と呼び、市場価格はチャネルの中で、ある一定期間上下を繰り返すことが多いです。この時、上下に平行するラインの近くに売買のタイミングがあります。
チャネルの引き方は以下のサイトを参考に!
テクニカル分析入門 投資LAB.

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.