カンタンFX講座

移動平均線とグランビルの法則

スポンサーリンク

移動平均線と市場価格を組み合わせて読む!

売買シグナルを読むための手段として、「グランビルの法則」もよく使われます。これはアメリカのチャート分析家「ジョセフ・E・グランビル」が作ったもので、移動平均線と市場価格の方向性を見ることによって、売買のシグナルを知る8つ法則。

買いシグナルの法則

法則1・・・移動平均線が下降した後に横ばい、もしくは上昇に転じた時、市場価格が移動平均線を上に抜けた(クロス)した場合
法則2・・・移動平均線が上昇中に、市場価格が移動平均線を下回った場合
法則3・・・上昇している移動平均線より上で、市場価格が下落したものの移動平均線に触れないまま反発した場合
法則4・・・上昇気味の移動平均線が下降し始め、市場価格が移動平均線の下に抜けた場合

売りシグナルの法則

法則1・・・移動平均線が横ばい、もしくは下降し、市場価格が移動平均線の下に抜けた(クロス)場合
法則2・・・移動平均線が下降中、市場価格が移動平均線を大きく上回った場合
法則3・・・下降している移動平均線より下で、市場価格が上昇したものの、移動平均線に触れないまま反発した場合
法則4・・・上昇している移動平均線を市場価格を大幅に上回り、大きくかけ離れている場合
グランビルの法則を以下のサイトではチャートを使ってわかりやすく紹介しています。
グランビルの法則の8の売買法則 FX初心者外為入門

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.