カンタンFX講座

移動平均乖離率と売買タイミング

スポンサーリンク

移動平均線の乖離率によって売買シグナルをつかむ

売買のタイミングは、ローソク足の市場価格と移動平均線がどれだけ離れているか、「移動平均乖離率」によっても把握できます。移動平均乖離率は、移動平均線の使い方としてポピュラーな方法です。簡単なうえに的中率が高いために、多くの投資家が利用しており、初心者でも使いこなすことはできます。
ただし、乖離が広がらず、横ばい状態になっている場合は注意が必要です。予想が外れる可能性が高くなります。負けたと思ったら、損切りもしっかり行なうことです。所詮、FXは経験をしながらコツをつかんでいくことが大切です。

移動平均乖離率の見方

移動平均線からローソク足が離れ過ぎた時が売買のタイミングです。
上方乖離・・・移動平均線よりローソク足が上にある時⇒高過ぎる⇒「売り」のサイン
下方乖離・・・移動平均線よりローソク足が下にある時⇒安過ぎる⇒「買い」のサイン


移動平均線からローソク足が離れ過ぎると、後に修正が起き移動平均線に近づく傾向があります。
参照 >> 移動平均乖離率 FXブロードネット

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.