カンタンFX講座

取引時間帯による通貨ペアの選び方

スポンサーリンク

自分が取引できる時間に合わせて相場が動く通貨ペアを選ぶ!

FXは24時間必ずどこかの市場が開いているので、いつでも取引可能ですが、自分が取引しやすい時間帯を見て、その時間帯で相場が活発に動く通貨を選ぶべきです。特にスキャルピングのように、超短期で小さな利益を積み上げる方法を狙うなら、取引時間帯の選び方はかなり重要になってきます。一般的に日本時間の午後4時以降はユーロやポンドなどの欧州通貨が動きやすく、夜9時以降は米ドルや豪ドルが動きやすい傾向にあります。
各国の市場取引が行われている時間帯(日本時間で表示)
東京市場⇒午前8時〜午後7時  ※午前9時〜11時は相場が活発に動きやすい時間帯
ロンドン市場⇒午後4時〜午前4時 ※午後4時〜6時は相場が活発に動きやすい時間帯
ニューヨーク市場⇒午後9時〜午前7時 ※午後10時〜午前0時は相場が活発に動きやすい時間帯

この中でも、ロンドンとニューヨークの市場が重なる、午後9時〜午前2時ぐらいの時間帯はもっとも相場が活発化されます。サマータイムが採用される期間はそれぞれ1時間早くなります。
参照 >> 為替塾(初級編2) 外為どっとこむ

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.